キャッシングの申し込み方法や審査について

キャッシングと言うのは初心者にはハードルが高いイメージがあったり借金ということで使いずらいと思われているかもしれませんが、ちゃんとした知識を持っていれば心強い味方となってくれます。今回はそのキャッシングの申し込み方法や審査について簡単に説明していきたいと思います。

キャッシングの申し込み方法

キャッシングというのは銀行系ローンと消費者金融との二種類がありますが、基本的には申し込み方法はあまり違いがありません。まず申し込み方法としては実店舗に行っておこなうことが出来る他にも、最近ではインターネット上で申し込みができるようになっているので便利となってきています。申し込みに関してはまず個人情報を記入するために虚偽の申請がないようにしましょう。そして申し込みに必要な書類というものがあって、まずは本人確認書類として運転免許証や健康保険証やパスポートなどが必要になるのであらかじめ準備しておきましょう。また借入の金額次第では収入証明が必要になるので、自分が借りるお店のホームページを見て必要かどうかを調べておきましょう。

キャッシングの審査項目について

キャッシングについてかなりの人が不安に思っている点としては、やはり審査項目がどういったもので自分は大丈夫かどうかと言う点でしょう。キャッシングの審査については上述のように個人情報がまず参考にされます。特に重要なのは年収と勤務形態、住居形態などであり、こちらはダイレクトに返済能力と直結しているからです。またこのほかにも過去のキャッシング履歴として信用情報機関というところに記録されている情報が参照されます。こちらには過去のキャッシングやクレジットカードなどの入会記録や返済記録、債務整理の有無などが載っており、こちらも審査項目として重要視されることになります。

実際の審査について

キャッシングの審査については最近だと消費者金融では最短30分ほどで出来るようになっており、その他のお店でも当日や二日三日などで出来るようになっています。当然ですがこの審査については職場への在籍確認が行われますが、その時の連絡についてはプライバシーを考慮してキャッシング会社やローン会社の名前は一切出さないことになっているので安心して下さい。審査に見事に受かった場合にようやく借入の契約ができるようになるのですが、最近だと即日借入と言うのも出来るようになっています。銀行振込での即日借入については営業時間内に振込依頼をしなければならないので、午後2時あたりまでがタイムリミットとなっているそうです。

このようにキャッシングは正しい知識を持っていれば心強い味方となってくれるので計画的に使いましょう。

ブラックリストの正体とは

ブラックリストだからキャッシングやカードローンが利用できないとか、ブラックリストだから審査に通らないなどと聞いたり見たりすることがあります。ブラックリストという言葉は一般的にもよく使いますが、キャッシングやカードローンではブラックリストとはいったいどのようなものなのでしょうか

ブラックリストは金融業界には存在しない

ブラックリストという名前がついているようなリストはキャッシングやカードローンなどに関連する金融業界には正式に存在しません。それぞれの金融機関が加盟している個人信用情報の収集と管理と加盟金融機関への情報提供を行っている信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報や異動情報と呼ばれるものが誰にでもにも分かりやすいようにブラックリストと呼ばれています。もちろんブラックリストという言葉をあまりいい意味で使っているのではありません。

ブラックリストに載ってしまうには

ブラックリストとも呼ばれている信用情報機関の個人信用情報の事故情報や異動情報の内容は3カ月以上の返済遅延や自己破産などの債務整理、本人ではない連帯保証人が支払うなどの代位弁済のいわゆる金融事故を起こした履歴が載ることになっています。一度事故情報や異動情報に金融事故を起こした履歴が載ってしまいますとそれぞれの信用情報機関によって違いはありますが、少なくとも5年以上はその情報は削除されることはありません。その間はブラックリストに載っている状態が続くこととなります。

ブラックリストの影響とは

金融機関は融資や貸付を行う際には必ず審査を行います。その審査の際に最も重視するのが信用情報機関の個人信用情報です。そのためブラックリストに載ってしまいますとその情報が削除されるまでは新たなキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなってしまいます。それだけではなくクレジットカードの発行や住宅ローンなども同じように審査に通りにくくなります。たまに融資や貸付を最終的に決定するのは金融機関であって、ブラックリストに載っているから法的に融資や貸付をできないという訳ではないという話もありますが、事実上はまず無理と言っていいでしょう。

ブラックリストに載らないようにする

ブラックリストに載ってしまうとキャッシングやカードローンやその他のにも大きなデメリットができてしまいます。ブラックリストに載る前に手を打ってブラックリストに載らないようにすることが重要です。

キャッシングの金利についての基礎知識

キャッシング会社を選ぶときに重要視するのが「金利」です。同じお金を借りたとしても、最終的に支払う金額が金利によって大きく変わってきます。ただ、広告などで見る数%程度の一桁台の金利に飛びついて申し込むのは判断が早すぎます。適正かつお得な金利のキャッシング会社を選ぶにはどうしたら良いのか、そのポイントを解説します。

一般的なキャッシングの金利は「18%」

すぐにお金が借りたいということで、金利にこだわらずに会社を選ぶときには、大体18%の年利が設定されているキャッシング会社に申し込むことが多くなります。世の中にあるキャッシング会社は、この年利18%でお金を貸しているのが普通です。これを基準に考えると、金利がお得かどうかが分かってきます。

一桁台の金利で借りられる人は少ない

時々、5%などのかなり低い金利でお金を借りられることを打ち出しているキャッシングやカードローン会社があると思いますが、その金利が適用されるのは数百万円単位でお金を借りた場合に限られることがほとんどですから、一般的な数十万円程度の利用を考えている方の場合には18%よりもどれくらい低いかという観点で金利を判断すると良いでしょう。
教育ローンや住宅ローンなどは一桁台ですが、これは目的ローンですから、一般的な無目的ローンのキャッシングとは意味が変わってきます。自由で気軽にお金を借りられる一般的なキャッシングでは、だいたい二桁台の金利がかかるのが通常です。平均的に考えて15%程度の年利であればお得な部類に入ります。

金利0のキャンペーンはお得

初回の利用に限って、通常かかる金利が一切いらないというキャンペーンを展開している会社があります。もし、初めて利用する人や、キャッシングの使い勝手はどのようなものかを知りたいという方の場合には、この金利が0のサービスは積極的に利用したいところです。
10万円を借りた時に年利18%で換算した場合には、月に2千円程度の金利手数料が発生します。倍借りたらもちろん支払う金額も倍になりますから、年間を通して考えると、金利が安いのに越したことはありません。わずかなお金も無駄にしないためにも、金利が安くなったり0になったりするキャンペーンは見逃してはいけません。

借りる時には金利を意識しましょう

返済にかかるお金を極力小さくする努力をしておくことが、賢くキャッシングを利用するためには重要です。そのためにも、金利は1%でも安いところを探すようにした方が良いでしょう。もちろん、今日すぐに借りたいという場合には平均的な金利でも良いですが、時間がある場合には金利が0の所や、18%よりも安いところを選びたいものです。”