個人事業主の私にとって「心強い味方」

60才、男性です。長年勤めていた会社を早期定年退職して個人事業主になって5年になります。仕事を始めたころから取引のある地元の金融機関の担当者の方から勧められて、カードローンを申し込みました。

1.急な出費の時に便利

我々のような個人事業主の場合は、「入金は遅れても、支払は延ばせない」という状況になることが、しばしばあります。入金を当てにして、それを支払いに回す予定が狂ってしまう訳です。そういう時に、カードローンがあると、本当に助かります。支払いが遅れてしまうのは、個人事業主にとって致命的ですから、延ばすわけにはいきません。一度失った信用を取り戻すのは、今まで以上に頑張らないと修復することは出来ません、しかし、お客さんから「ちょっと待ってくれ」と言われれば、それはそれで仕方がない状況です。そういう場面では助かります。

2.金利は決して低くはありません

カードローンですから、金利は通常のローンに比べて高いのは、仕方がありません。でも、私が勧められた地元の金融機関のカードローンは、他の銀行のカードローンと比べても同じくらいですから、特別に不満はありません。緊急の時以外は、使わないでいようと思っています。また、必要最小限にしようと思っています。「必要な分だけ、どうしても必要と考えた時に使う」という事にしています。

3.個人事業主であれば、一つは持っていた方が良いと思います

前述のように、資金繰りの予定が、その通りに行かないことは十分考えられますので、個人事業主の場合には、一つはカードローンの契約をしておいた方が安心だと思います。複数のカードローンの契約は、それだけ返済も大変になりますから、少なくとも金融機関は一つにしておいた方が良いと思います。何かの時に自由になるお金があるという場合は、必要ないと思いますが、なかなかそうはいかないのではないでしょうか。仕事上の支払いだけでは無くて、家族で急にまとまったお金が必要になることもあります。貯金が十分でない場合には、なにか用立てできる術を持っているのは、大切な事です。

個人事業主が、急な支払いなどのために使う場合には、カードローンは強い味方になると思います。しかし、飲食やギャンブルに使うお金をカードローンで用立てするという事は、しない方が良いと思います。
私自身も、それは考えていません。あくまで、事業資金を中心とした使用に限っています。そうすることがカードローンの有効な使い方であると考えています。

キャッシングの申し込み方法や審査について

キャッシングと言うのは初心者にはハードルが高いイメージがあったり借金ということで使いずらいと思われているかもしれませんが、ちゃんとした知識を持っていれば心強い味方となってくれます。今回はそのキャッシングの申し込み方法や審査について簡単に説明していきたいと思います。

キャッシングの申し込み方法

キャッシングというのは銀行系ローンと消費者金融との二種類がありますが、基本的には申し込み方法はあまり違いがありません。まず申し込み方法としては実店舗に行っておこなうことが出来る他にも、最近ではインターネット上で申し込みができるようになっているので便利となってきています。申し込みに関してはまず個人情報を記入するために虚偽の申請がないようにしましょう。そして申し込みに必要な書類というものがあって、まずは本人確認書類として運転免許証や健康保険証やパスポートなどが必要になるのであらかじめ準備しておきましょう。また借入の金額次第では収入証明が必要になるので、自分が借りるお店のホームページを見て必要かどうかを調べておきましょう。

キャッシングの審査項目について

キャッシングについてかなりの人が不安に思っている点としては、やはり審査項目がどういったもので自分は大丈夫かどうかと言う点でしょう。キャッシングの審査については上述のように個人情報がまず参考にされます。特に重要なのは年収と勤務形態、住居形態などであり、こちらはダイレクトに返済能力と直結しているからです。またこのほかにも過去のキャッシング履歴として信用情報機関というところに記録されている情報が参照されます。こちらには過去のキャッシングやクレジットカードなどの入会記録や返済記録、債務整理の有無などが載っており、こちらも審査項目として重要視されることになります。

実際の審査について

キャッシングの審査については最近だと消費者金融では最短30分ほどで出来るようになっており、その他のお店でも当日や二日三日などで出来るようになっています。当然ですがこの審査については職場への在籍確認が行われますが、その時の連絡についてはプライバシーを考慮してキャッシング会社やローン会社の名前は一切出さないことになっているので安心して下さい。審査に見事に受かった場合にようやく借入の契約ができるようになるのですが、最近だと即日借入と言うのも出来るようになっています。銀行振込での即日借入については営業時間内に振込依頼をしなければならないので、午後2時あたりまでがタイムリミットとなっているそうです。

このようにキャッシングは正しい知識を持っていれば心強い味方となってくれるので計画的に使いましょう。

ブラックリストの正体とは

ブラックリストだからキャッシングやカードローンが利用できないとか、ブラックリストだから審査に通らないなどと聞いたり見たりすることがあります。ブラックリストという言葉は一般的にもよく使いますが、キャッシングやカードローンではブラックリストとはいったいどのようなものなのでしょうか

ブラックリストは金融業界には存在しない

ブラックリストという名前がついているようなリストはキャッシングやカードローンなどに関連する金融業界には正式に存在しません。それぞれの金融機関が加盟している個人信用情報の収集と管理と加盟金融機関への情報提供を行っている信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報や異動情報と呼ばれるものが誰にでもにも分かりやすいようにブラックリストと呼ばれています。もちろんブラックリストという言葉をあまりいい意味で使っているのではありません。

ブラックリストに載ってしまうには

ブラックリストとも呼ばれている信用情報機関の個人信用情報の事故情報や異動情報の内容は3カ月以上の返済遅延や自己破産などの債務整理、本人ではない連帯保証人が支払うなどの代位弁済のいわゆる金融事故を起こした履歴が載ることになっています。一度事故情報や異動情報に金融事故を起こした履歴が載ってしまいますとそれぞれの信用情報機関によって違いはありますが、少なくとも5年以上はその情報は削除されることはありません。その間はブラックリストに載っている状態が続くこととなります。

ブラックリストの影響とは

金融機関は融資や貸付を行う際には必ず審査を行います。その審査の際に最も重視するのが信用情報機関の個人信用情報です。そのためブラックリストに載ってしまいますとその情報が削除されるまでは新たなキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなってしまいます。それだけではなくクレジットカードの発行や住宅ローンなども同じように審査に通りにくくなります。たまに融資や貸付を最終的に決定するのは金融機関であって、ブラックリストに載っているから法的に融資や貸付をできないという訳ではないという話もありますが、事実上はまず無理と言っていいでしょう。

ブラックリストに載らないようにする

ブラックリストに載ってしまうとキャッシングやカードローンやその他のにも大きなデメリットができてしまいます。ブラックリストに載る前に手を打ってブラックリストに載らないようにすることが重要です。

キャッシングの金利についての基礎知識

キャッシング会社を選ぶときに重要視するのが「金利」です。同じお金を借りたとしても、最終的に支払う金額が金利によって大きく変わってきます。ただ、広告などで見る数%程度の一桁台の金利に飛びついて申し込むのは判断が早すぎます。適正かつお得な金利のキャッシング会社を選ぶにはどうしたら良いのか、そのポイントを解説します。

一般的なキャッシングの金利は「18%」

すぐにお金が借りたいということで、金利にこだわらずに会社を選ぶときには、大体18%の年利が設定されているキャッシング会社に申し込むことが多くなります。世の中にあるキャッシング会社は、この年利18%でお金を貸しているのが普通です。これを基準に考えると、金利がお得かどうかが分かってきます。

一桁台の金利で借りられる人は少ない

時々、5%などのかなり低い金利でお金を借りられることを打ち出しているキャッシングやカードローン会社があると思いますが、その金利が適用されるのは数百万円単位でお金を借りた場合に限られることがほとんどですから、一般的な数十万円程度の利用を考えている方の場合には18%よりもどれくらい低いかという観点で金利を判断すると良いでしょう。
教育ローンや住宅ローンなどは一桁台ですが、これは目的ローンですから、一般的な無目的ローンのキャッシングとは意味が変わってきます。自由で気軽にお金を借りられる一般的なキャッシングでは、だいたい二桁台の金利がかかるのが通常です。平均的に考えて15%程度の年利であればお得な部類に入ります。

金利0のキャンペーンはお得

初回の利用に限って、通常かかる金利が一切いらないというキャンペーンを展開している会社があります。もし、初めて利用する人や、キャッシングの使い勝手はどのようなものかを知りたいという方の場合には、この金利が0のサービスは積極的に利用したいところです。
10万円を借りた時に年利18%で換算した場合には、月に2千円程度の金利手数料が発生します。倍借りたらもちろん支払う金額も倍になりますから、年間を通して考えると、金利が安いのに越したことはありません。わずかなお金も無駄にしないためにも、金利が安くなったり0になったりするキャンペーンは見逃してはいけません。

借りる時には金利を意識しましょう

返済にかかるお金を極力小さくする努力をしておくことが、賢くキャッシングを利用するためには重要です。そのためにも、金利は1%でも安いところを探すようにした方が良いでしょう。もちろん、今日すぐに借りたいという場合には平均的な金利でも良いですが、時間がある場合には金利が0の所や、18%よりも安いところを選びたいものです。”

限度額ギリギリまで借りる場合は借入件数に注意して!

消費者金融などのキャッシング会社が、契約者に貸し出しをする際の限度額を決定する上で、重要視していることは何かをご存知でしょうか。

それは、契約者の、他からの借入状況です。現在いくら借りているのか、きちんと返済はできているのか、また、今までに滞納といった返済の遅れがないかも合わせてチェックし、その人の信用度に応じた限度額を決めているのです。

このページでは、消費者金融からのキャッシングや、銀行カードローンなどを利用する際の限度額について解説をします。

キャッシング・ローンの利用限度額

消費者金融のキャッシングや銀行ローンなどで利用できる限度額は、その金融会社ごとの審査によって決められています。

申込内容をもとに、これまでに借りた金額や返済状況、借入残高、融資の件数などを、そういった情報を管理している個人信用情報機関に問い合わせ、そこで得た情報を元にして、まずは融資が可能であるか、そして、融資する場合の限度額はいくらにするかといったことを決めているのです。

金融会社での審査のポイントは、年齢、職業、勤続年数、収入、そして、過去から現在の借り入れ状況の有無です。さらに、キャッシング会社が限度額を決める際に注目しているのは、借り入れの件数です。いろんな会社から借りている件数が、多ければ多いほど、金融会社からの信用度は低くなり、融資される限度額も少なくなっていきます。

例えば、
1件の借り入れで 限度額が100万円の人
3件の借り入れで 限度額の合計が100万円の人
の場合では、同じ100万円の限度額でも、信用度は大きく違っています。

1社からの借り入れで100万円の利用限度額が設定されている人は、返済能力がそれなりにある人と評価されています。しかし、3社から借りている人は、1社当たりの利用限度額が低く設定されているということであり、信用の評価が低い人と判断されているのです。

総量規制に注意

銀行ローンではない、貸金業者からのキャッシングは、法律により、年収の3分の1までしか借りることができないので、どれだけ評価の高い人であっても、その額が、限度額の最大となります。

コマーシャルなどでも知られている、アコム、プロミス、モビットなどに代表される消費者金融会社では、貸金業法で定められた総量規制により、年収の3分の1までしか貸すことができないしくみとなっています。そのことから、自分の収入と現在の借入額から、あとどれくらいまでなら借りられるのかを、おおよそで知ることもできます。

さて、ここで、借入額と返済額について、簡単に計算してみましょう。

例えば、金利が5%~15%で設定されていたとして、10万円を借りる場合があったとします。そういったケースでは、たいてい、その上限の金利(今回の例では15%)が適用されます。なぜなら金利は、借入額が大きいと低い値が適用され、反対に借入額が少ない場合には、高い金利が適用されるようになっているからです。

まずは利息ですが、
残高×利用日数×金利÷365=利息
という計算で求めることができます。

10万円を1か月借りた時の利息は、上記の式に当てはめると、
100,000円×30日×15%÷365≒1,232円
となり、元金と利息を合わせた101,232円を、1か月後に返済することになります。

消費者金融での利用限度額は、その会社が、借りようとする人の信用度によって決めることですので、誰もが同じように、収入の3分の1の額まで借りられるわけではありません。

銀行ローンには、総量規制の適用はありませんが、限度額を期待して、一度に大きな額を借りて返済していくよりも、まずは、少々金利は高くなっても、借り入れから完済までを、こまめに繰り返していくことの方が、安全なキャッシングの利用方法と言えるかもしれませんね。

キャッシングの限度額を引き上げたいときにポイント

キャッシングサービスを利用していると、時には、「もう少しお金を借りたい!」と思うこともあるでしょう。ですが、キャッシングには、個人ごとに利用限度額が決められていて、自由に好きなだけ借りるということは無理なんです。

でも、利用限度額を引き上げ、今よりもたくさんお金を借りる為の方法はいくつかあります。

このページでは、キャッシングの限度額を引き上げるための方法や条件について、く説明していきます。

限度額引き上げの為の3つの審査基準

まず初めに、限度額を引き上げてもらう為には、金融会社の審査に通らないといけないということを知っておきましょう。しかも、その審査は、新規契約の時の審査と比べると、決して優しいものではないということです。

限度額を引き上げる為の増額審査には、大きな基準が3つあります。

①新規契約してから6ヶ月間は限度額は上がらない

通常、新規に契約してから6ヶ月間は、限度額が引き上げられることはありません。最近では、1年間、限度額を引き上げないという会社さえあるそうです。

その理由は、金融会社が信用があると判断した人にしか、限度額の引き上げを行わないからです。いっぽう、長期間、問題なく利用を続けていれば、「キャッシングの増額が可能です」といった案内が、金融会社のほうから届くこともあります。

契約期間が長くなれば、信用が得られるということですから、限度額を上げる為には、ある程度の期間は利用を続ける必要があるでしょう。

②他社のキャッシングの利用がないこと

現在、他の会社から借りているお金があるという場合には、新規契約の時ももちろんですが、増額審査の際にも不利な条件となってしまいます。

別の借り入れがあるということは、貸す側としては、自分の会社にきちんと返済されるかどうかを疑ってしまいますので、やはりどうしても、不利な条件となってしまうと言わざるを得ません。

ですが、仮にそのことを知っていて、審査を申し込む時に「よそでは借りていない」とウソをつくのは、もっとよくありません。消費者金融会社や銀行の間では、信用情報といって、その人の借金に関する情報が共有されており、他社からの借金の状況も把握されているからです。

できることならば、借り入れは、1社に絞って行ったほうがいいと思います。

③返済が遅延していないこと

期日までに返済ができないということは、融資した会社との約束を守れていないということになります。そのような約束を守れない相手に対して、金融会社が、今以上のお金を貸してあげようとは、なかなか思わないでしょう。

繰り返しになりますが、増額審査にパスする為には、キャッシング会社に対して、信用が得られているかどうかがポイントですので、残念ながら、返済の遅延という実績があれば、限度額の引き上げは、しばらく諦めたほうがいいでしょう。

キャッシング会社の信用を得る

キャッシング会社に対しては、新規契約時の審査であれ、限度額の増額審査であれ、自分がきちんと返済できる人であるという印象を持ってもらうことが大切です。

審査基準を満たしていても、与える印象によって、あまりにも信用できないと思われてしまっては、限度額の引き上げ交渉はうまくいかないでしょう。

やりとりの時の対応が大事

限度額は、「引き上げてください」とお願いして、簡単に引き上がるものではありません。窓口や電話で、金融会社の担当者と交渉を行った上で初めて、引き上げてもいいかどうかの判断がされるのです。

たとえば、先方からの電話連絡になかなか対応しなかったり、こちらが客だからといって、あまりにも横柄な態度でいたりすると、金融会社から、信用がない人と判断されかねません。

計画的に限度額引き上げをする

ただ単に、遊ぶ為のお金が欲しいからといった理由で限度額の引き上げの交渉をするのは、印象がいいこととは思えません。金融会社は、やはり、返済してくれるかどうかを第一に考えるからです。

きちんと返済をする為に、「節約をしている」「まじめに仕事をしている」など、しっかりとした返済計画が立てられ、守られている状態での限度額の引き上げ交渉であれば、いい印象を与えられるでしょう。

「どうしても必要だから借りるお金」を「どのようにして返すか」ということは、忘れてはいけない考えだといえます。

限度額の引き上げよりも他社から借入たほうが良い場合も

他社へ新規契約したほうが早くてお得

キャッシングの限度額を引き上げることには、いくつかのデメリットもあります。

まず、限度額の増額審査には、2~3日の時間がかかりますので、緊急の場合には、間に合わないこともあります。さらに、増える額も10万円ずつと、一気に増えるわけではないということです。

時間と金額を重視している場合には、限度額の引き上げを依頼するよりも、いっそのこと、他社でキャッシングをしたほうが早いかもしれません。

ただし、複数の会社から借りていると、今後のキャッシングや限度額の引き上げの際に不利になったり、より多くの利息がかかってしまうなどのデメリットがあることは、頭にいれておく必要があるでしょう。

やはり、堅実なキャッシングをする為には、いろいろな会社を利用せずに、1社だけから借りることをおすすめします。

まとめ

キャッシングの限度額を引き上げてもらうためには、いずれにしても、新規契約をしてから6ヶ月以上は待つ必要があります。
6ヶ月が経過すれば、引き上げ交渉のできる可能性もありますが、その段階で、他社からの借り入れや、返済の延滞などがあっては、それも難しくなります。

どうしてもすぐにお金が必要ということであれば、他社を利用するのもいいですが、余分に利息がかかることを考えると、やはりあまりおすすめはできません。

新規契約後、キャッシング会社のほうから増額を勧められるようになるまで、当然のことながら、まずは確実に借金を返済し、自分の信用度を上げていくようにしましょう。