限度額ギリギリまで借りる場合は借入件数に注意して!

消費者金融などのキャッシング会社が、契約者に貸し出しをする際の限度額を決定する上で、重要視していることは何かをご存知でしょうか。

それは、契約者の、他からの借入状況です。現在いくら借りているのか、きちんと返済はできているのか、また、今までに滞納といった返済の遅れがないかも合わせてチェックし、その人の信用度に応じた限度額を決めているのです。

このページでは、消費者金融からのキャッシングや、銀行カードローンなどを利用する際の限度額について解説をします。

キャッシング・ローンの利用限度額

消費者金融のキャッシングや銀行ローンなどで利用できる限度額は、その金融会社ごとの審査によって決められています。

申込内容をもとに、これまでに借りた金額や返済状況、借入残高、融資の件数などを、そういった情報を管理している個人信用情報機関に問い合わせ、そこで得た情報を元にして、まずは融資が可能であるか、そして、融資する場合の限度額はいくらにするかといったことを決めているのです。

金融会社での審査のポイントは、年齢、職業、勤続年数、収入、そして、過去から現在の借り入れ状況の有無です。さらに、キャッシング会社が限度額を決める際に注目しているのは、借り入れの件数です。いろんな会社から借りている件数が、多ければ多いほど、金融会社からの信用度は低くなり、融資される限度額も少なくなっていきます。

例えば、
1件の借り入れで 限度額が100万円の人
3件の借り入れで 限度額の合計が100万円の人
の場合では、同じ100万円の限度額でも、信用度は大きく違っています。

1社からの借り入れで100万円の利用限度額が設定されている人は、返済能力がそれなりにある人と評価されています。しかし、3社から借りている人は、1社当たりの利用限度額が低く設定されているということであり、信用の評価が低い人と判断されているのです。

総量規制に注意

銀行ローンではない、貸金業者からのキャッシングは、法律により、年収の3分の1までしか借りることができないので、どれだけ評価の高い人であっても、その額が、限度額の最大となります。

コマーシャルなどでも知られている、アコム、プロミス、モビットなどに代表される消費者金融会社では、貸金業法で定められた総量規制により、年収の3分の1までしか貸すことができないしくみとなっています。そのことから、自分の収入と現在の借入額から、あとどれくらいまでなら借りられるのかを、おおよそで知ることもできます。

さて、ここで、借入額と返済額について、簡単に計算してみましょう。

例えば、金利が5%~15%で設定されていたとして、10万円を借りる場合があったとします。そういったケースでは、たいてい、その上限の金利(今回の例では15%)が適用されます。なぜなら金利は、借入額が大きいと低い値が適用され、反対に借入額が少ない場合には、高い金利が適用されるようになっているからです。

まずは利息ですが、
残高×利用日数×金利÷365=利息
という計算で求めることができます。

10万円を1か月借りた時の利息は、上記の式に当てはめると、
100,000円×30日×15%÷365≒1,232円
となり、元金と利息を合わせた101,232円を、1か月後に返済することになります。

消費者金融での利用限度額は、その会社が、借りようとする人の信用度によって決めることですので、誰もが同じように、収入の3分の1の額まで借りられるわけではありません。

銀行ローンには、総量規制の適用はありませんが、限度額を期待して、一度に大きな額を借りて返済していくよりも、まずは、少々金利は高くなっても、借り入れから完済までを、こまめに繰り返していくことの方が、安全なキャッシングの利用方法と言えるかもしれませんね。