ブラックリストの正体とは

ブラックリストだからキャッシングやカードローンが利用できないとか、ブラックリストだから審査に通らないなどと聞いたり見たりすることがあります。ブラックリストという言葉は一般的にもよく使いますが、キャッシングやカードローンではブラックリストとはいったいどのようなものなのでしょうか

ブラックリストは金融業界には存在しない

ブラックリストという名前がついているようなリストはキャッシングやカードローンなどに関連する金融業界には正式に存在しません。それぞれの金融機関が加盟している個人信用情報の収集と管理と加盟金融機関への情報提供を行っている信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報や異動情報と呼ばれるものが誰にでもにも分かりやすいようにブラックリストと呼ばれています。もちろんブラックリストという言葉をあまりいい意味で使っているのではありません。

ブラックリストに載ってしまうには

ブラックリストとも呼ばれている信用情報機関の個人信用情報の事故情報や異動情報の内容は3カ月以上の返済遅延や自己破産などの債務整理、本人ではない連帯保証人が支払うなどの代位弁済のいわゆる金融事故を起こした履歴が載ることになっています。一度事故情報や異動情報に金融事故を起こした履歴が載ってしまいますとそれぞれの信用情報機関によって違いはありますが、少なくとも5年以上はその情報は削除されることはありません。その間はブラックリストに載っている状態が続くこととなります。

ブラックリストの影響とは

金融機関は融資や貸付を行う際には必ず審査を行います。その審査の際に最も重視するのが信用情報機関の個人信用情報です。そのためブラックリストに載ってしまいますとその情報が削除されるまでは新たなキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなってしまいます。それだけではなくクレジットカードの発行や住宅ローンなども同じように審査に通りにくくなります。たまに融資や貸付を最終的に決定するのは金融機関であって、ブラックリストに載っているから法的に融資や貸付をできないという訳ではないという話もありますが、事実上はまず無理と言っていいでしょう。

ブラックリストに載らないようにする

ブラックリストに載ってしまうとキャッシングやカードローンやその他のにも大きなデメリットができてしまいます。ブラックリストに載る前に手を打ってブラックリストに載らないようにすることが重要です。