キャッシングの金利についての基礎知識

キャッシング会社を選ぶときに重要視するのが「金利」です。同じお金を借りたとしても、最終的に支払う金額が金利によって大きく変わってきます。ただ、広告などで見る数%程度の一桁台の金利に飛びついて申し込むのは判断が早すぎます。適正かつお得な金利のキャッシング会社を選ぶにはどうしたら良いのか、そのポイントを解説します。

一般的なキャッシングの金利は「18%」

すぐにお金が借りたいということで、金利にこだわらずに会社を選ぶときには、大体18%の年利が設定されているキャッシング会社に申し込むことが多くなります。世の中にあるキャッシング会社は、この年利18%でお金を貸しているのが普通です。これを基準に考えると、金利がお得かどうかが分かってきます。

一桁台の金利で借りられる人は少ない

時々、5%などのかなり低い金利でお金を借りられることを打ち出しているキャッシングやカードローン会社があると思いますが、その金利が適用されるのは数百万円単位でお金を借りた場合に限られることがほとんどですから、一般的な数十万円程度の利用を考えている方の場合には18%よりもどれくらい低いかという観点で金利を判断すると良いでしょう。
教育ローンや住宅ローンなどは一桁台ですが、これは目的ローンですから、一般的な無目的ローンのキャッシングとは意味が変わってきます。自由で気軽にお金を借りられる一般的なキャッシングでは、だいたい二桁台の金利がかかるのが通常です。平均的に考えて15%程度の年利であればお得な部類に入ります。

金利0のキャンペーンはお得

初回の利用に限って、通常かかる金利が一切いらないというキャンペーンを展開している会社があります。もし、初めて利用する人や、キャッシングの使い勝手はどのようなものかを知りたいという方の場合には、この金利が0のサービスは積極的に利用したいところです。
10万円を借りた時に年利18%で換算した場合には、月に2千円程度の金利手数料が発生します。倍借りたらもちろん支払う金額も倍になりますから、年間を通して考えると、金利が安いのに越したことはありません。わずかなお金も無駄にしないためにも、金利が安くなったり0になったりするキャンペーンは見逃してはいけません。

借りる時には金利を意識しましょう

返済にかかるお金を極力小さくする努力をしておくことが、賢くキャッシングを利用するためには重要です。そのためにも、金利は1%でも安いところを探すようにした方が良いでしょう。もちろん、今日すぐに借りたいという場合には平均的な金利でも良いですが、時間がある場合には金利が0の所や、18%よりも安いところを選びたいものです。”